MISS GRAND JAPAN|ミス・グランド・ジャパン

イベント参加/日タイ修好130周年記念 特別展「タイ〜仏の国の輝き〜」

東京国立博物館にて開催している、
日タイ修好130周年記念 特別展「タイ〜仏の国の輝き〜」に、
工藤えりな、清田 彩、髙橋美羽が参加させて頂きました。


公式ホームページ

日タイ修好130周年記念 特別展「タイ〜仏の国の輝き〜」 東京展
会 場/東京国立博物館 平成館
会 期/平成29年(2017)7月4日(火)~8月27日(日)
休館日/月曜日(ただし、7月17日(月・祝)・8月14日(月)は開館、7月18日(火)は閉館)
開館時間/午前9時30分〜午後5時 (金曜日、土曜日は午後9時まで、日曜日と7月17日(月・祝)は午後6時まで)
※入館は閉館の30分前まで
主 催/東京国立博物館、タイ王国文化省芸術局、日本経済新聞社、BSジャパン
共 催/国際交流基金アジアセンター
後 援/タイ王国大使館、タイ国政府観光庁
協 賛/NEC、花王、ぐるなび、スターツグループ、ダイキン工業、大日本印刷、東レ、トヨタ自動車、三菱商事
協 力/日本貨物航空
料 金/一般1,600円(1,400円/1,300円)、大学生1,200円(1,000円/900円)、高校生900円(700円/600円)

ミス・グランド・インターナショナルはタイが発祥のミスコンテストです。
ミス・グランド・ジャパン ファイナリストとして、タイの文化・歴史を再認識!

圧巻のラーマ2世王作の大扉

5.6メートルの大扉だそうですが、近くで拝見すると、本当に精緻な彫刻をほどこしており、まさに圧巻!

 

仏像と共に多くの像が様々な形で展示されておりました。

タイ語では象を「チャーン」と呼び、タイの方々に取っては本当に特別な存在。
かつて他国との戦争になると、王は象に乗って戦いに臨まれたそうです。
象は王を守る、勇気と誇りの象徴とされていたそうです。

現在では一般生活から林業・観光まで幅広い活躍をしているそうです。

アジアで植民地化されなかったのは、タイと日本のみです。
なぜ植民地化されなかったのか。
諸説あるかと思いますが、大会スローガンである『STOP THE WAR』。

このスローガンに相応しい平和の使者として活動出来るよう、ファイナリストたちも日々努力を続けたいと思います。

公式ホームページ
開催は8月27日までです!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)